貸倒損失の取扱いの概要
貸倒損失は、債務者の債務弁済能力を個別・具体的に検討し、どうしても債権の回収ができができないと認められる場合に計上が認められます。
貸 倒 損 失 の 対 象 と な る 事 実 貸倒損失の額
損金算入時期
経 理 処 理
○会社更生法の規定による更正計画の認可決定
○民事再生法の規定による再生計画の認可決定
○会社法の規定による特別清算に係る協定の認可又
  は整理計画の決定
○債権者集会の協議決定
○行政機関、金融機関等のあっ旋による協議決定
 
その決定により切り捨てられることとなった部分の金額






その事実が発生した事発生した事 業年度









貸 倒 損 失
○債務者の債務超過の状態が相当期間継続し、弁済
  が受けられない場合の書面による債務免除
債務免除額
債務者の資産状況、支払能力等からみて、その全額が回収できないことが明らかになっ た場合
回収不能額(金額)

回収できないことが明らかになった事業年度
貸 倒 損 失
(損金処理)
継続して取引をしていた債務者の資産状況や支払能力が悪化したことによる取引停止 又は最後の弁済後1年以上経過した場合
売掛債権の額から備忘価額(1円)を控除した金額 取引停止後原則として1年以上経過した日を含む事業年度
売掛債権が、その取立費用に満たない場合 売掛債権の額から備忘価額(1円)を控除した金額 督促しても弁済がない日を含む事業年度

             *四日市法人会向けに掲載