付表6 漁網、活字地金及び専用金型等以外の資産の基準率、基準回数及び基準直径表

  (1) なつ染用銅ロールの特別な償却率の算定の基礎となる彫刻可能回数

ロ ー ル の 種 類 普通ロール カンガー用ロール
区           分 長さ92
  センチ未満
長さ92センチ
以上115センチ
未満
長さ115
  センチ以上
彫  刻  模  様 彫刻
可能
回数
換算率 彫刻
可能
回数
換算率 彫刻
可能
回数
換算率 彫刻
可能
回数
換算率
抜染なつ染を除いた服地柄(基準模様) 22 20 18
抜染なつ染による服地柄 20 1.1 18 1.111 16 1.125
和装柄、夜具地柄、起毛織物、服地及び和装柄 18 1.222 16 1.25 14 1.286
ワックス、サロン及びサロン類似柄 14 1.429 12 1.5
カンガー

  (注)(イ) 換算率とは、抜染なつ染を除いた服地柄(以下「基準模様」という。)を彫刻する場合における
       彫刻可能回数(以下「基礎回数」という。)の基準模様以外の模様を彫刻する場合における当該
       模様の彫刻可能回数に対する割合であって、基準模様以外の模様を彫刻した場合においても
       計算の便宜上、彫刻可能回数を基礎回数とし、実際彫刻回数を実際彫刻回数に当該模様の換
       算率を乗じたものとするためのものである。
     (ロ) 普通ロールとは、カンガー用ロール以外のロールをいう。

  (2) 映画用フィルムの特別な償却率

上映日からの経過月数 10
特別な償却率 60% 80 87 91 94 96 97 98 99 100

   ただし、上掲の表による認定を受けている法人が各事業年度(事業年度の期間が6ヶ月の場合に限
  る。)ごとに封切上映したものの全部について一律に特別な償却率を適用しようとする場合には、各事
  業年度において封切上映したものについては、当該事業年度にあっては85%を、当該事業年度の翌
  事業年度にあっては15%を、それぞれ認定に係る償却率とすることができる。

  (3) 非鉄金属圧延用ロールの特別な償却率の算定の基礎となる使用可能直径

材質による区分 普通
チルド
ロール
合金
チルド
ロール
グレンロール 鋳鋼
ロール
鍛鋼
ロール
用途による区分
熱間圧延ロール 25ミリメートル ロールの製作時の
直径から当該ロール
チョックの径を控除し
た値の7割
同左 20ミリ
メートル
冷間
圧延
ロール
中延べ(荒延べを
含む。)ロール
30ミリメートル 30ミリメートル 15ミリ
メートル
仕上げロール 30ミリメートル 30ミリメートル 10ミリ
メートル
(はく用ロール
については5
ミリメートル)