不  動  産  売  買  契  約  書



  売主○○○○○○○○○○○と買主○○○○○○○○○○○は後期表示物件(以下本物件という。)につき、双方合
意のうえ、下記事項により売買契約を締結した。
 
(売買金額)
第 1条  売主は本物件を代金○○○○○○○○円で買主に売渡し、買主はこれを買受けるものとする。
(手付金)
第 2条  買主は、この契約書作成と同時に手付金○○○○○○○円を売主に支払い売主はこれを受領した。
       この手付金は、売買代金の一部として第6条の代金授受のときこれを充当する。
(売主の引渡義務)
第 3条  売主は、本物件を引渡すまで保管する責めを負い、平成○○年○○月○○日までに買主又は買主の指定する
     者に本物件を引渡し、かつ、所有権移転登記申請手続を完了しなければならない。
    2  本物件に抵当権、質権、先取特権又は賃借権、その他所有権の行使を阻害する権利の負担あるときは、所有権
     移転登記申請のときまでにこれを完全に抹消しなければならない。
    3  本物件に売主のほかに居住者その他の占有者がいるときは、これを退去させたうえ引渡しをしな ければならな
     い。
(借地権に関する売主の義務)
第 4条  本物件土地が借地の場合、売主は本件土地の賃借権の移転に関し、自己の負担にて第3条の期日までに買主
     又は買主の指定する者のために土地所有者よりその賃貸借名義変更の承諾を得なければならない。
(面積の確定)
第 5条  当事者は、本物件の面積については、公募又は実測により確定し、境界を明示するものとし建物については、各
     階平面図により確定 するもものとする。
(買主の代金支払義務)
第 6条  買主は、第3条の期日までに売主が第3条乃至第5条の手続き一切を完了すると同時に、売主に残代金○○○
     円を支払わなければならない。
(所有権移転の時期)
第 7条  本物件の所有権は、売買代金全額の授受が完了すると同時に、売主から買主に移転するものとする。
(登記費用等の負担)
第 8条  本物件の売渡しに要する書類作成費等は、売主の負担とし、所有権移転登記に要する費用は買主の負担とす
     る。
(収益及び負担の帰属)
第 9条  当事者は、本物件より生ずる収益及び本物件に賦課される公租公課並びにガス、水道、電気等の料金について
     は、第3条の引渡しのときを境とし原則として日割をもって精算するものとする。    
(従物の帰属)
第10条  この契約敷地内の樹木、庭石、その他の附属物は、約定のないときは、売買代金の支払完了と同時に買主の所
     有となる。
(損害負担の帰属)
第11条  本物件が、引渡し以前に天災地変、火災等により滅失又は毀損したときは、その損害は売主の負担とする。
    2  買主が契約を締結した目的を達することができないときは、この契約を解除することができる。
    3  買主が、この契約を解除したときは、売主は、受領済の金額を即時、買主に返還しなければならない。
(契約解除及び違約金)
第12条  当事者の一方がこの契約の条項に違背したときは、相手方はこの契約を解除することができる。
    2  前項の場合、買主の違約によるときは、手付金は売主の所得になり、買主はその返還を請求することができな
     い。
    3  第1項の場合に売主の違約によるときは、売主の受領済の手付金の倍額を即時、買主に支払わなければならな
     い。
(その他)
第13条  この契約書に定めのない事項については、当事者は関係法規並びに慣習に従い誠意をもつて協議のうえ善処す
     るものとする。
(売買物件の表示)
第14条  本売買物件の表示及び登記簿上の所有者の住所(所在地)並びに氏名(法人名)は次のとおりである。

            (売買物件の表示)
                所在地
                地番(家屋番号)
                地目(構造)
                地籍(面積)
               平成   年   月   日
貸主 (住所又は所在地)
(氏名又法人名)
?
借主 (住所又は所在地)
(氏名又法人名)
?
立会人 (住所)
(氏名) 
?


                 *上記は会員より提供を受け、四日市法人会員向けに掲載しました。参考資料としてください。