根 抵 当 権 設 定 契 約 書


   ○○○○○○○○○○(以下「甲」という。)と○○○○○○○○○○(以下「乙」という。)とは、根抵当権の設定につ
 いて、次のとおり契約を締結した。
(目的)
第 1条  乙は、甲に対して負担する債務を担保するため、乙所有の次に表示する不動産(以下「本物件」と いう。)に甲の
     ために次の要素で根抵当権を設定した。
     (1) 抵当権設定不動産の表示
          所在
          地番(家屋番号)       番
          地目(構   造)
          地積(面   積)       平方メートル
      (2) 根抵当権設定要素
         @ 極度額金額 ○○○○○○○○円
         A 被担保債権の範囲
         B 確定期日
(登記義務)
第 2条  乙は、本契約が成立したとき、または第3条若しくは第4条に定める変更が行われたときは、遅滞なく本物件につ
     いて甲のために根抵当権設定登記その他
    2  前項の登記手続きに要する費用は乙の負担とする。
(被担保債権の変更等)
第 3条  乙は、甲が本根抵当権につき被担保債権の範囲の変更、極度額の増額、根抵当権の全部または一部の譲渡、
     確定期日の延長等を求めたときは、直ちにこれに応ずるものとする.。
(増担保)
第 4条  乙は、甲が増担保または代担保を請求したときは、地帯なく甲の承認する担保権を設定する。
(処分禁止)
第 5条  乙は、甲の事前の書面による同意を得ないで、本物件につき次の行為をしてはならない。
     (1) 第三者への譲渡、賃貸、担保権の設定または無償貸与
     (2) 現状の変更
     (3) その他本物件の担保価値を減少させる行為
(付  保)
第 6条  乙は、本物件のうち建物について、甲の承諾する保険会社との間に甲の指定する金額以上の火災保険契約を締
     結するとともに、その保険金請求権の上に甲のために質権を設定し、保険会社の承認がある保険証書を甲に差し
     入れる。
    2  乙は、付保物件につき保険事故が発生したときは、被担保債権の弁済期の到来前であつても甲が保険金を受領
      しこれを被担保債権の弁済に充当しても異議を唱えない。
(期限の利益喪失)
第 7条  乙が次の各号の一つに該当したときは、何らの通知催告を要せず、または全債務につき期限の利益を失い、直
     ちに本根抵当権を実行されても異議はない。
     (1) 本契約に違反したとき
     (2) 自ら振り出し、または裏書した手形または小切手が1通でも不渡処分を受けたとき
     (3) 租税公課の滞納処分を受けたとき
     (4) 自らの債務不履行により、差押、仮差押、仮処分等強制執行を受けたとき
     (5) 破産、民事再生手続きまたは会社更生の申立をなし、またはこれらの申立がなされたとき
     (6) 解散、合併または営業の全部または重要な一部の譲渡を決議したとき
     (7) 監督官庁から営業取消し、営業停止等の処分を受けたとき
     (8) 財政状態が悪化し、またはそのおそれがあると認められる相当の事由があるとき
(協  議)
第 8条  本契約に定めのない事項及び疑義が生じた事項については、甲乙協議の上決定する。
       以上の本契約の成立を証するため本書弐通を作成し、甲乙記名捺印のうえ1通を保有する。
           平成○○年○○月○○日

              (甲) (所 在 地)
                  (法 人 名)
                                          (代表取締役)                印
              (乙) (所 在 地)
                  (法 人 名)
                                          (代表取締役)                印


              *上記は、会員より提供を受けたものを四日市法人会員向けに掲載しました。
                参考資料としてください。