金 銭 消 費 貸 借 契 約 書


   ○○○○○○○○○○(以下「甲」という。)と○○○○○○○○○○(以下「乙」という。)とは、次のとおり金銭消費貸
 借契約を締結した。
(貸借金額)
第1条  甲は乙に対し本日、金○○○○○○○円を貸し渡し、乙はこれを借り受け受領した。
(弁済額)
第2条  乙は、前条の元金を平成○○年○○月○○日に全額を返済する。
(利息)
第3条  利息は、年○%とし元金と同時に支払う。
(遅延損害金)
第4条  遅延損害金は、年○%とする。
   以上の本契約の成立を証するため本書弐通を作成し、甲乙記名捺印のうえ壱通を保有する。
      平成○○年○○月○○日
               (甲) (住所・所在地)
                   (氏名・法人名)                           印
               (乙) (住所・所在地)
                   (氏名・法人名)                           印


金 銭 消 費 貸 借 契 約 書
   ○○○○○○○○○○(以下「甲」という。)と○○○○○○○○○○(以下「乙」という。)とは、次のとおり金銭消費貸
 借契約を締結した。

(貸借金額)
 第1条  甲は乙に対し本日、金○○○○○○○円を貸し渡し、乙はこれを借り受け受領した。 

(弁済額) 
 第2条  乙は、前条の元金を平成○○年○○月○○日に全額を返済する。
(利  息)
第3条  利息は、年○%とし元金と同時に支払う。
(遅延損害金)
第4条  遅延損害金は、年○%とする。
(連帯保証)
第5条  連帯保証人○○○○○(以下「丙」という。)は、甲に対し乙の債務を保証し、乙と連帯して
     履行の責務を負う。
(公正証書の作成)
第6条  乙及び丙は、本契約に定める債務を履行しないときは直ちに強制執行を受けても異議が
     ない旨の文言を記載した公正証書を作成することに同意する。
   以上の本契約の成立を証するため本書三通を作成し甲、乙、丙が記名捺印のうえ各壱通を保
 有する。
         平成○○年○○月○○日
               (甲) (住所・所在地)
                   (氏名・法人名)                            印
               (乙) (住所・所在地)
                   (氏名・法人名                             印
               (丙) (住 所)
                   (氏 名)                                 印

              

*上記は、会員より提供受けたものを四日市法人会向けに掲載しました。
*参考資料としてください。