土   地   賃   貸   借   契   約   書


(合意)
第 1条  賃貸人               (以下「甲」という。)は、賃借人              (以下 「乙」という。)に対
      し、下記の土地 (以下「本件土地」という)を             目的で賃貸し、乙はこれを賃借する。
     

       所 在
       地 番  ○○番
       地 目
       地 積  ○○平方メートル
(賃貸借期間)
第 2条  本契約の賃貸借期間は、平成   年   月   日より平成   年   月   日まで の年間とする。

(権利金)
第 3条  乙は甲に対し、本契約成立時に権利金として金               円を支払う。

(賃貸借期間)
第 4条  賃貸借期間は、平成   年   月   日より平成   年   月   日までの   年 間と定め本日物件の引
     渡しをした。
    2  賃貸借期間満了のとき甲乙協議のうえ、契約を更新することができる。

(賃  料)
第 5条  賃料は1か月、金             円と定め、乙は毎月末日迄に翌月分を甲の指定する銀行口座に振り込
      む方法により支払うこと。
    2  前項の賃料は、公租公課の増減その他、経済事情の変動などにより、近辺の土地の地代に比較して不相当とな
      ったときは、甲乙双方は賃料の増減を請求することができる。  

(事前承諾)
第 6条  乙は次の場合には、事前に甲に対し、書面による承諾を得なければならない。
     ⑴  賃借権の譲渡または本件土地を転貸するとき
     ⑵  本件土地上の建物を増改築または大修繕をするとき

(解  除)
第 7条  乙が次の各号のいずれかに該当したときは、甲の催告なしに本契約を解除されても異議を申立てない。
     ⑴  3か月以上の賃料の支払いを怠ったとき
       本件土地上の建物を増改築または大修繕をしたとき  

(原状回復)
第 8条 乙は契約解除、本件土地建物の朽廃その他の原因により、本契約が終了したときは、直ちに本件土地を原状に
     復したうえ、明渡さな ければならない。

(損害金)
第 9条  乙は本契約が終了した場合において、本件土地の明渡しをしないときは一日につき金○○円の損害金を支払い
     しなけ ればならない。

(連帯保証人の責務)
第10条  連帯保証人は、乙が本契約に基き甲に対して、負担する一切の債務について保証人として支払うことを約した。  

(協  議)
第11条  本契約に定めのない事項及び疑義が生じた事項については、甲乙協議のうえ決定する。

       以上の本契約条項を証するため、本契約書を参通作成し、甲、乙、並びに連帯保証人各自記名捺印のうえ、各
     壱通宛を保有する。

      平成   年   月   日
貸主 (住所又は所在地)
(氏名又法人名)
借主 (住所又は所在地)
(氏名又法人名)
保証人 (住所)
(氏名) 


                 *上記は会員より提供を受け四日市法人会向けに掲載しました。
                 *土地を賃貸した場合、貸主が有する土地の価値はいわゆる底地権のみとなるので、借主に
                   権利金の支払を求めるのが一般的である。