遺         言         書


   私、○○ ○○は、この遺言書により次のとおり遺言する
1、遺言者が所有する次の財産を妻、○○ ○○に相続させる。
   (1) ○○県○○市○○町○○丁目○○番地
        地番 ○○○
        地目 ○○
        地積 ○○○平方メートル(公簿面積による。)
   (2) ○○県○○市○○町○○丁目○○番地
        家屋番号 ○○○
        木造二階建日本瓦葺居宅一棟
        一階 ○○平方メートル(公簿床面積による。)
        二階 ○○平方メートル(公簿床面積による。)
   (3) 上記居宅内に所在する家具、調度品の一切
   (4) 株式会社○○銀i行○○支店 自動継続定期預金証書番号○○ 証書額面金額000円
   (5) 株式会社○○銀i行○○支店 普通預金 口座番号○○○
2、遺言者が所有する次の財産を長男、○○ ○○に相続させる。
   (1) ○○県○○市○○町○○丁目○○番地
        地番 ○○○
        地目 ○○
        地積 ○○○平方メートル(公簿面積による。)
   (2) 株式会社○○銀行○○支店 自動継続定期預金証書番号○○ 証書額面金額000円
   (3) 株式会社○○○○の発行株券 ○○○株
3、遺言者が所有する次の財産を長女、○○ ○○に相続させる。
   (1) ○○○○銀行○○支店 自動継続定期預金証書番号○○ 証書額面金額000円
   (2) ○○○○銀行○○支店 普通預金 口座番号○○○
以上
          平成○○年○○月○○
                                     遺言者(被相続人) ○ ○ ○ ○ 印


                    

自筆遺言証書留意事項
1  全部自分(遺言者)の字で手書きする。
      ・一言一句すべて自分で書かないと無効。
      ・疑義が生じないように具体的に書くこと。
2 書式
    法定されていない。用紙も法定されいない。しかし、A4サイズで保存に耐えるものを使用る。
3 日付
    2通の遺言書がある場合・・・・一番新しい日付の遺言書が優先します。
4 署名、押印
    絶対要件です。拇印でも可とされていますが、実印を使用しましょう。
5 文字や数字の訂正、加筆
    遺言書の文字や数字を訂正したり、加筆したときは、先ずその加除した場所に押印します。
    そして、欄外または末尾にその場所を指示して変更したことを記し、署名しなければなりません。印鑑は全て同じ印鑑
  を使用しなければなりません。ん。印鑑は全て同じ印鑑を使用しなければなりません。
6 保管、封印
    封印するのがベターです。なお、封印された遺言書は家庭裁判所で開封しなければなりません。遺言書と同一印章で。
7 遺言取消し
    何度でも書き直し、古い遺言書を破棄することができます。


法 定 相 続 分 (例示)
1 子と配偶者が相続人である場合
    配偶者 2分の1 子 2分の1
2  配偶者と直系尊属が相続人である場合
    配偶者 3分の2 直系尊属 3分の1
3  配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合
    配偶者 4分の3 兄弟姉妹 4分の1
遺     留     分
1 遺留分を侵害しない範囲で遺言書を作成するのが賢明です。
2 相続人が直系尊属のみ→被相続人の財産×3分の1
3 相続人が直系卑属のみ   →被相続人の財産×2分の1
4 相続人が直系卑属のみ   →被相続人の財産×2分の1
5 相続人が直系尊属と配偶者→被相続人の財産×2分の1
6 相続人が配偶者と兄弟姉妹→被相続人の財産×2分の1
7 相続人が配偶者のみ    →被相続人の財産×2分の1
* 遺留分を侵害しない範囲で遺言書を作成するのが賢明です
* できるだけ下記にて、公正証書遺言書にするのが確実です。
* 四日市公証役場
     四日市市朝日町1−9 千賀ビル2階 TEL 53−3394 FAX 52−6903
       必要書類等
         遺言者の実印・6か月以内発行の印鑑証明書1通・戸籍謄本・住民票・不動産登記簿の謄本
         固定資産税評価証明書・証人2人以上



上記は会員より提供を受けた資料を基にして四日市法人会員向けに掲載しました。
参考資料としてください。


                 上記は会員より提供を受けた資料を基にして四日市法人会員向けに掲載しました。
                 参考資料としてください。