役  員  退  職  慰  労  金  規  程


第1条  取締役及び監査役(以下「役員」という。)に対し、株主総会の決議に基き支給する退職慰
    労金(死亡退職慰労金を含む。)は、本規程により決定する。
第2条  退職慰労金は、基本額と功績加算金との合計額による。
第3条  基本額は、次の算式により算出する。
        退任時の役員報酬月額×役員在任月数
   2 使用人分の給与を得ていた場合の前項の役員報酬月額は、役員報酬と使用人分給与の合計月額とする。
   3 第1項の在任月数は、取締役または監査役に就任した日の属する月の翌月を起算月とし、 退職月を最終の月とし
    て計算する。
第4条  退職した役員の在任中の当社に対する功績を勘案し、基本額に次の係数に乗じた額を度として、功績加算金を支
    給することができる。
   
    (1) 社長                  倍
    (2) 会長                 倍
    (3) 副社長                倍
    (4) 専務取締役及び常務取締役  倍
    (5) 取締役                倍
    (6) 監査役     
第5条  役員退職慰労金は、次の場合は減額することができる。
    (1) 退職役員が在任中に当社に対し損害を与えたとき
    (2) 当社の業績不振等の事由により支給することが困難であるとき
第6条  本規程は、取締役会の決議により改正することができる。
第7条  本規程は、平成○○年○○月○○日以降に退職する役員から適用する。



*上記は、会員より提供を受けたものを四日市法人会向けの掲載しました。
*参考資料にしてください。
*功績倍率の上限は3倍程度と言われている。・・・・・・総合的に判断することになる。(私見)