退    職    給    与    規    程


第 1条  この退職金規程は、○○○○○○○○会社 正社員の退職金に関する事項を規定する。
第 2条  本退職金規程は、就業規則の定めるところにより正規に採用された職員に適用する。
第 3条  この規程による退職金は、次の各号の一つに該当する者(死亡による退職の場合はその遺族に対して支給する。
     (1) 定年により退職した者
     (2) 会社の都合により退職した者
     (3) 業務上の傷病により死亡した者
     (4) 業務上の傷病により勤務に堪えないで退職した者
     (5) 業務外の傷病により死亡した者
     (6) 業務外の傷病により勤務に堪えないで退職した者
     (7) 自己の都合により退職した者

第 4条  在職中の成績好ましからざる者または社員の責めに帰すべき事由による退職の場合は、退職金を減額または支
     給しないことがある。
第 5条  懲戒解雇に処せられた者には、退職金を支給しない。
第 6条  功績顕著な者に対しては、社長の承認を経て別途特別慰労金を支給することができる。
第 7条  退職金は退職または解雇時の月俸に、勤続年数に応じて定めた別表の支給率を乗じて計算した金額とする。
    2  勤続年数に1年未満の端数ある時は、月割で計算し、10,000円未満の端数は、10,000円単位に切り上げ
     る。
    3  第3条第1項第7号に該当し勤続5年未満の者は、規定額の80%とする。
第 8条  この規定の改廃は、取締役会の承認を要する。
第 9条  この規程は平成○○年○○月○○日より適用する。
      別表
年    数 支  給  率 年    数 支  給  率
1・5 13 7・6
2・0 14 8・3
2・5 15 9・0
3・1 16 9・7
3・7 17 10・4
4・3 18 11・1
4・9 19 11・8
10 5・5 20 12・5
11 6・2 21以降 12・5
12 6・9


                 上記は、会員より提供を受け、四日市法人会員向けに掲載しました。
                 参考資料としてください。
                 本ホームページ掲載、就業規則とは連動していません。