貸  室  賃  貸  借  契  約  書



   物件所在地 ○○県○○市○○町○丁目○○番地
   物件構造   ○○造
   契約人員    ○人
   賃料        壱か月 金○○○○○円
   共益費      壱か月 金○○○○○円
   敷金・保証金   金 ○○○○○○円
   上記につき貸主を甲とし借主を乙とし、下記条項を双方承諾の上、契約を締結する。

第 1条  賃貸借の期間は、平成○○年○○月○○日より平成○○年○○月○○日まで、向う○年間とする。
    

第 2条  賃料は毎月末日までに、乙は甲の指定する銀行口座に翌月分を振込む方法により支払うこと。
第 3条  貸室は原状のまま、住居を目的として使用することし、甲の承諾なくして人員の増加、賃借権の譲渡、まは第三
     者を同居させたり、転貸をしてはならない。       
第 4条  保証金を賃料に充当、又は乙の購入物品の支払保証、質権設定に利用せぬこと。
第 5条  本契約を解除するときは、壱か月前に互いに通告し、期間満了と同時に乙は完全に貸室を甲に明渡し、立退料、
     その他これらに類する物質的請求は絶対にしないこと。だだし、この際に甲は、保証金及びび前家賃は期間に応じ
     精算し乙に返還すること。なお、予告期日なく移転の場合は向う壱か月以内に保証金の決済をすることができる。
第 6条  電気、ガス、水道、衛生費等は、賃料と別に支払うこと。
    2  公租公課等は甲の負担とする。ただし、公租公課、物価の変動等により賃料の増減を生じたときは、甲乙協議の
      うえ、定めるものとする。
    3  契約後による長期間の使用のため、修理を必要とする場合には、本賃貸借物件の土台 、柱、大壁、屋根、階段
     等、主要構造部分及び共用施設の修理は、貸主の負担とし住宅部分、その他の小修理(化粧室、 襖の張替、畳
     の裏返し、畳の表替、硝子、ガラス、照明は借主の負担とする。
第 7条  乙は、故意過失を問わず賃借室に毀損、その他の損害を与えた場合は、甲に対して損害賠償をしなければなら
     ない。乙が損害賠償金を支払わないときは、甲は保証金をもってこの弁済に充当することもできる。。
    2 保証金をもって充当できない不足額がある場合は、別途に支払うものとする。
第 8条  乙が貸室内において、風紀衛生上、若しくは火災等危機を引き起こすおそれのあること、賭博、マ ージャン、放
     歌、騒擾、その他近隣の迷惑となるべき行為及び犬、猫等を飼育してはならない。   
第 9条  乙または同居人が火災、盗難等を蒙った場合、その損失を一切、甲に請求せざること。
第10条  乙が本契約条項に違反し、または賃料を壱か月以上、滞納せる時は、甲は何らの催告を要せずして、本契約を
     解除し、乙は即時貸室を明渡すものとする。
第11条  乙が無断不在十五日以上に及ぶときは、保証金の有無にかかわらず本契約は、当然解除され甲は第三者立会
     の下に随時に家内遺留品(家具類その他一切の物品)をかたずけ処分するも乙、異議なきこと。
第12条  本賃貸借物件が契約期間中に天災地変等不可効力のためや朽廃等の事由により滅失または使用不能となった
     場合、公法上の措置により本賃貸物件の取払いまたは使用不能となった場合には契約は終了したものとする。
    2 敷金、保証金は借主へ全額返還するものとする。
第13条  本件に関し紛争を生じたる場合は、甲乙とも関連法規の規定に準ずるもなるべく道義的に解決すること。
第14条  保証人は、本契約に基く乙の債務を保証し乙と連帯責任であること。
第15条  特約条項は、次のとおりとする。
       ○○・・・・・・・・・・・・・・・・
      前項の契約条項を証するため本契約書を参通作成し、甲乙双方及び連帯保証人、記名
    捺印のうえ、各壱通宛を保有する。
      平成○○年○○月○○日
貸主 (住所又は所在地)
(氏名又法人名)
借主 (住所又は所在地)
(氏名又法人名)

連帯保証人
(住所)
(氏名) 

※上記は会員より提供を受けたものを四日市法人会員向けに掲載しました。
※参考資料としてください。