代     理     店     契     約     書


  ○○○○○○○○○○(以下「甲」という。)と ○○○○○○○○○○(以下「乙」という。)と は次のとおり代理店契約
を締結した。
第 1条  甲は乙を別紙の商品(以下「本商品」という。)の販売代理店に指定し、乙は甲の代理店として、本商品を適正価
     格で販売するものとする。
第 2条  乙の販売手数料は、本商品の販売代金の○%とし、乙は毎月○○日までに前月中に販売した本商品の販売代
     金の総額から、その販売手数料を控除した残額を甲の指定する銀行口座に振込むものとする。
第 3条  乙は、次の事項を記載した報告書を毎月○○日までに甲に提出しなければならない。
     ⑴  前月中に販売した本商品の種類、数量及び販売代金の総額
     ⑵  前月中に販売した本商品に係る販売手数料の総額
     ⑶
  前月中に販売した本商品の販売代金の総額から、販売手数料を控除した残額
第 4条  販売経費を要した場合でも、第2条の手数料以外は、乙は甲に対し何らの請求をしないものとする。
第 5条  乙の本商品の販売目標額は、1年間○○○万円とする。
    2  乙が前項の目標額を達成できないときは、代理店の資格を失うことがある。
第 6条  乙は、本契約から生ずる債務及び損害賠償義務の履行を担保するために金○○○○円の保証金を甲に預託す
     る。
    2  保証金には金利を付せず、本契約が終了したときは、甲は前項の保証金を乙に返還する。
第7条  乙は、甲の請求があるときは、直ちに甲の承認する第三者に乙の債務を連帯保証させ、甲の承認する担保物件を
    差し入れるなど、甲の請求する担保措置を講ずるものとする。
第 8条  乙は、本契約上の地位若しくは本契約に基く一切の権利または義務を甲の書面による事前の同意なく第三者に
     譲渡したり、担保の目的に供してはならない。
第 9条  甲または乙は、相手方が次の各号の一つにでも該当したときは、何らの通知をすることなく本契約を解除すること
     ができる。
     ⑴  本契約の条項に違反し、相当の期間を定めて是正を催告したにもかかわらず当該期間内に是正を行わないとき
     ⑵  自ら振り出し、または裏書した手形、小切手が1通でも不渡りとなったとき
     ⑶  自らの債務不履行により、差押、仮差押、仮処分などの強制執行を受けたとき
     ⑷  破産、会社更生申立及び民事再生手続きの申立てをし、またはこれらの申立てがなされたとき
     ⑸  解散、合併または営業の全部、重要な一部の譲渡を決議したとき
     ⑹  監督官庁から営業取消し、営業停止等の処分を受けたとき
     ⑺  財政状態が悪化し、またはそのおそれがあると認められる相当の事由があるとき
     ⑻  前各号に準ずる事実が生じたとき
第10条  本契約の有効期間は、自平成○○年○○月○○日至平成○○年月○○日までの期間とする。
       だだし、期間満了の○か月前までに甲乙いずれからも何らの申出のないときは、本契約と同一条件で更に1年
     間、契約を継続するものとし、以後も同様とする。            
第11条  本契約が終了したときは、乙は直ちに甲の代理店である旨の表示を中止するものとし、以 後は甲の代理店であ
第12条  本契約書に定めのない事項及び疑義が生じた事項については、甲乙協議のうえ定める。
       以上の本契約の成立を証するため、本契約書弐通を作成し、甲乙記名捺印のうえ各壱通を保有する。

       平成○○年○○月○○日

                      甲  (所在地)
                          (法人名)
                                                 代表取締役               印
                      乙  (所在地)
                          (法人名)
                                 
                                                代表取締役               印


                * 上記は、会員より提供を受けたものを四日市法人会員向けに掲載しました、。
                  参考資料としてください。