公的個人認証サービスによる電子証明書の取得
現在、一番安価のため、ほとんどの方がこのサービスより電子証明書を取得されています。
Q1 どこへ行けば取得することができますか。
A1 住所地(住民登録地)の市町村窓口(市民課等)に、申請者本人が出向き申請することにより、
   発行されます。即時発行が原則ですが、市町村により即時発行対応していない場合があります
   ので、最寄の市町村でご確認ください。
    「電子証明書新規発行/更新申請書」に所要事項を記載し、申請することになります。
    この電子証明書は、「住民基本台帳カード」に格納する方法で発行されますので、住民基本
     台帳カードをもっておられない方は、「住民基本台帳カード交付申請書」を同時に提出してい
   ただくことになります。
Q2 提出書類はどこにありますか
A2 「電子証明書新規発行/更新申請書」、「住民基本台帳カード交付申請書」は、最寄の市町村
   窓口(市民課等)で交付されます。
Q3 申請するにあたりどのようなものを持参しなければならないでしょうか
A3 次に掲げるものが必要です。
     @ 本人確認書類(運転免許証、パスポート等本人確認ができるもの)
     A 写真付の「住民基本台帳カード・電子証明書」の発行を希望する場合は写真
        (写真サイズ 縦4.5センチ × 横3.5センチ)
     B 発行手数料
         住民基本台帳カード:500円
         電子証明書:500円
     C   印鑑
Q4 有効期間はありますか
A4 「住民基本台帳カード」の有効期間は10年、「電子証明書」の有効期間は3年です。
Q5 暗証番号やパスワードを準備しておく必要があるでしょうか
A5 「住民基本台帳カード」には、「4桁」の暗証番号を設定し、「電子証明書」には、「4桁から16
  桁の英数字」を設定しますので、準備し記録しておくことが必要です。
Q6 手続が終了するとどのようなものが交付されますか
A6 「住民基本台帳カード」に格納された電子証明書、公的個人認証のCD−ROM(ソフト)、説明
  書などが交付されます。
ご留意

イ、この電子証明書を利用するには、電子証明書を読取る、「ICカードリーダライタ」が必
 要になります。

   ※ご使用パソコンOS、市町村が発行する「住民基本カードのタイプにより、適合する「ICカード
     リーダライタ」が異なります。
     公的認証ポータルサイト:http:://www.jpki.go.jp/rwinfo/html/rwinfo_top.htmlでご使用パソコ
     ンOSに適合する都道府県ごとの一覧を確認できます。


ロ、また、この電子証明書を利用するには、次の手続を要します
   @ JRE(java実行環境)のインストール
       http://java.sun.com/javase/downloads/index.jspにアクセスし→「downloads」にマウスを
      あてる→[JAVASE」クリック→「JRE(java実行環境)ソフト」のインストール
      (ファイルNO7参照)
   
            ↓
   A 公的個人認証サービス利用者クライアントソフトのインストール・・・ファイルNO8参照

ハ、e-taxに利用するには、e-tax受付システムにログインし登録し、申告、申請、をする際に電子証
 明書を添付し送信することにより電子的な手続が完了します。