e-tax(国税電子申告・電子納税)を利用するには
1、インターネットがご利用できること
  
  インターネットを利用して、データをe-tax受付システムに送信し、電子的に申告・申請を行うシ
   ステムです。
    なお、
電子納税は、いわゆるインターネットバンキングのページサービスを利用して納税を行
   います。
2、電子申告・納税等(変更等)届出書の提出
    「電子申告・納税等(変更等)届出書」をインターネットオンライン又は書面で税務署に提出しな
   ければなりません

    オンラインでご提出される場合は、利用者識別番号などを即時に取得できます。
    書面でご提出される場合は、利用者識別番号・暗証番号が税務署から書面で通知されます。
    なお、書面通知された暗証番号は、変更しなければご使用できません。
  ※税理士・税理士法人に申告・申請の代理送信を依頼する場合は、以上で手続は、
    完了です。ご自身(納税者本人)が申告・申請をされる場合は以下の手続・取得が
    必要です。                   
 
3、電子証明書の取得
    e-tax受付システムに一部を除き、電子証明書を添付して送信しますので、電子証明書の認
  証機関より電子証明書を取得しなければなりません。
    一般的には、住民登録地の市町村で発行される「住民基本台帳カード」に格納された電子証
  明書
が多く使用されています。
    なお、JRE(java実行環境)のインストール → 公的個人認証サービス利用者クライアントソフト
  (CD−ROM)のインストールが必要です。
4、ICリーダライタの取得
    「住民基本台帳カード」に格納された電子証明書は、ICカードに格納されていますので、この
  証明書を読取るICリーダライタを取得するとともに、このソフトのインストールが必要です。
5、e-taxソフトの取得
   e-taxホームページ(http://www.e-tax.nta.g.jp)よりダウンロードして取得(インストール)します。
   なお、 「電子申告・納税等(変更等)届出書」をインターネットオンラインでご提出の際にルート証
   明書を取得し、インストールされていない場合の取得・インストール、初期設定の手順は次のと
   おりです。
   「ルート証明書のインスト−ラダウンロード」 → 「e-taxソフト(共通プログラム)インスト−ラダウ
   ンロード」 → 「バージョンアップ」 → 「プログラム・共通帳票・申告・申請税目等を選択」 →
   「利用者ファイルの作成」 → 「電子証明書登録(暗証番号等変更などを含む)」